バイナリーオプションをこれからやるという方のチカラになれば幸いです。

今では多くの人がやっているのがバイナリーオプションです。私も数年前からこのバイナリーオプションをやるようになったのですが、今では結構利益をあげられるようになりました。私がバイナリーオプションと出会ったのは、インターネットで偶然こういった投資があると知ったのが始まりでした。そこで更に詳しい事を調べたら数百円から投資できる事が可能だという事がわかったのです。これなら比較的危険がないんじゃないかと思ったのでやってみる事にしたのです。手続き自体も簡単なもので、口座なんて数日で開設する事ができました、はじめて業者の口座を開設するので不安がありましたが、自宅に居ながらにして簡単にできたので良かったです。

 

そして実際の取引なんですが、はじめの頃は多少負けていました。だから、その後しばらくはデモトレードで毎日練習していたんです。それからというもの勝てるようになりました。今では週にそこまで多くエントリーするわけではありませんが、そのほとんどが勝つことに成功しています。
そんな私からこれからやろうとしている方にアドバイスしたいと思います。

 

一つは、一日に使う金額を決めるという事です。これを守る事によって、より長く投資を行う事ができるので是非取り入れて下さい。あと、これを決める事によってある程度、その日の利益がわかるというメリットがあります。利益がわかるという事は損失もわかるという事なので、これはとても便利だと思います。これらを総合してわかりやすく説明すると資金管理をちゃんとするという事です。

 

二つ目は、待つという事が挙げられます。これは簡単なんですが、意外と難しい事です。何故なら、実際にやっている時は色々な感情がつきまとうからです。誰でも負けると頭にきますし、予期せぬ事が起こると戸惑ってしまいます。しかし、投資ですので冷静にならなくてはなりません。だから負けた時や自分が納得がいかないという時は、エントリーをしないというのも重要な事なのです。これらの事をふまえバイナリーオプションをやってみると良いと自分は思っています。これからという方のチカラになれば幸いです。
参考サイト:国内バイナリーオプション業者の比較ランキング2015年最新版!

 

バイナリーオプションで世界経済を勉強しながら小遣い稼ぎ!

 

投資をしたいと考えている人は多いと思いますが、株は敷居が高い、投資信託は他人任せでつまらない。その点、バイナリーオプションは手軽に小さな資金で始められるのでオススメです。株も数万円からできる銘柄もありますが、バイナリーオプションも取引通貨単位が1/10のものがあり、ドル円ですと証拠金5000円程度でポジションが持てます。刻々とレートが変化してプラスになればいいが、マイナスになると気が気でないという方もいるかと思いますが、上記のドル円証拠金5000円程度ですと、マイナス2円とか粘ってもマイナス50円とかいうレベルです。よく個人トレーダーで何千万稼いだ・損したと雑誌で目にした方もいると思いますが、単位が大きいだけでやっていることは同じ、テレビゲームの点数と一緒です。よくニュースで、「本日の為替レートはドル円120円50銭~52銭」など見かける機会があるかと思いますが、自分が少額でもポジションを持っているとレートが動く背景を考え、世界経済にも興味を持ってきます。日銀総裁の「黒田バズーカ」などは聞いたことがあるという方もいらっしゃると思いますが、携帯でポジションを見たら一気に利益が出ていたということもありました。普段仕事をしていて携帯チェックといえどもなかなかできない、24時間動いているので気になって眠れないなど不安になる部分があるかと思いますが、私はポジションを持ったら「利益確定レート」「損失確定レート」を入力しておき、ほったらかしにしてます。約定されたらメールがきますが、10回やって6勝4敗でいいんです。負けたくないという心理が働き、損切りできずに損失を抱え込んでしまうのがマーケットから退場パターンです。インターネットの普及で手軽に金融商品に投資できる環境になりましたが、株・バイナリーオプション・投資信託などいろいろありますが、初めて金融商品に投資するという方はバイナリーオプションから始めた方が、金額的にも自分で勉強するにもちょうどいいのではないでしょうか。

 

 

勇気を出してバイナリーオプションで売りエントリー

 

バイナリーオプションで取引をするために相場を見ていたところ、前日のニューヨーク時間に92.40を豪ドル円が割るのを確認しました。92.40から93.00までのレンジでの推移が数日間続いた後のブレイクだったので、これは大きく利益が取れるチャートパターンだと感じて入ることにしました。豪ドル円1時間足チャートのトリプルトップのネックライン割れで売りました。最初はすぐに下がらず、1000通貨1枚のポジションは損切りにあいました。10PIPSの逆行で損切りしたので、スプレッド分を含めると、115円程の損になりました。損切りになった位置から、今度は1000通貨を2枚でエントリーしました。ストップは10PIPSです。今度はひっからずに行ってくれました。92.25辺りで決済してトータルで400円程の利益になりました。そのあと、ストップロスを巻き込んで92.10辺りまで下落したのを確認後、これは相当勢いのある下落だと確認して再度ポジションを持ちました。92円割れになったところで、豪ドル円1000通貨を決済して、100円程獲得しました。1回目と2回目の利益を合わせると500円程です。私はあまり売りは得意ではありません。買いのほうが得意で買いばかり選んでやっていたのですが、ユーチューブでFXの戻り売りの方法を解説した動画を何度も見たことで、思い切ってやってみようかなと思い、やってみました。売りで、こんなに取れたのは初めてかもしれません。自己流ではダメなんですね。正しいやり方を学んだことで自信を持ってエントリーすることが出来ました。

 

 

FXのオアンダジャパンの特徴

 

オアンダジャパンの最大の特徴は、金融機関なども使用するレベルという取引ソフトウェアのOANDAfxTradeを、取引プラットフォームとしている点です。
このOANDAfxTradeの強みというのは、インターバンク市場から直接取得したレートを用いることによって、極めてタイトな取引可能レートを提供できる様になっています。
この提供されるスプレッドの幅は世界最狭水準です。
また、OANDAfxTradeでの取引は即時に約定されるというのも魅力です。
取引を行なおうとしても、約定の遅延や、割り込みなどで拒否があったりした結果、価格の再提示となってしまうようなことが無いので、スムーズに取引が出来ます。
もし、この部分のソフトウェアの反応が良くなければ、取引可能なレートがルーズになってしまいますから、思ったタイミングで、思ったように売る為には非常に重要な部分なのです。
オアンダジャパンの約定クオリティの高さは、FX取引をする上で大きな強みになっています。
また、オアンダジャパンのポリシーとして、どの投資家も同様に扱うと言うものがあります。
ロールオーバースワップや固定取引ロットなどといったものは無く、また特定の投資家だけを優遇するということも無いので、比較的小口の投資家でも同等にサービスに還元されているのが魅力です。
このような強みがあるOANDAfxTradePracticeですが、デモ口座も準備されていますので、まずはその実力を試してみると良いでしょう。

 
2015/04/28 12:50:28 |
物事を知らないで、あとから後悔することってありますよね。それは仕事にしても、遊びにしても、いろいろとあると思います。あのときもっと情報を得てれば、なんていう思い、本当はしたくないものですね。金利というものを考えた場合、今は頭を抱えるほど利息が安い。これはもう、どうしようもなく安いものです。そこで昨今では一般のサラリーマンや専業主婦の方々が、外貨預金というもので資産運用するのが流行りのようになってますね。ここでちょっと考えたいのは、外貨預金で資産運用するよりも、もっと現実的に、もっと楽しく、この資産運用というものを考えてみてはどうでしょうか、ということ。手っ取り早く言ってしまえば、最近、けっこう...
2015/04/28 12:50:28 |
バイナリーオプション取引には様々な手法があり、どの手法が正しいといったことはありませんが、損切りはどのような手法でも必要です。損切りは必要なものと分かっていても損切りができない方には私の友人がやっている方法もお勧めです。友人も最初は思うように損切りができなくて色々悩んだそうです。それで考えたのが損切りを許容できる損失pipsと証拠金だけを入金する方法です。例えば、ドル円の証拠金が4万円なら、30pips逆方向に動いたらロスカットとして、4万3000円だけ口座に入金します。今は、ほとんどのバイナリーオプション口座がダイレクト入金で即時口座に反映されるのですぐに取引できます。余裕資金を口座に残して...